10月のカレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の日記
全体の新着
モンクレール オフホワイトコラボ ダウンベスト人気ブランド「off-white」とのコラボダウンジャケット 2色可選 いつも年末には完売しちゃう HOT新作登場 MONCLER
SUPREMEシュプリームスーパーコピー【New York Yankees Box Logo Tee】 半袖 Tシャツ ボックス ロゴ付き ホワイト ブラック ダークブルー 3色可選
MONCLER モンクレール プルオーバー 2色可選 2018最新コレクション 超人気大特価
秋冬を力強くバックアップしてくれる 2色可選 パーカー Supreme x Jean Paul Gaultier Floral Print Hooded Sweatshirt
prev zoom next 2019秋冬爆買い定番人気 MONCLER モンクレール MONCLER コピー ダウンジャケット厳しい寒さに耐える 2019秋冬爆買い定番人気 MONCLER モンクレール ダウンジャケット厳しい寒さに耐える
保温性が高いCanada Gooseカナダグース偽物メンズ ダウンジャケット フード付き ダウンコート ブラック 3色
真冬こそ、ドレッシーなスタイルに挑戦 パーカー【2019秋冬】の注目トレンド シュプリーム SUPREME 2色可選
上品上質 2019 シュプリーム SUPREME コピーバッグ 斜め掛けバッグ 3色可選
【2019秋冬トレンド】秋モードを取り入れる爆買新作 MONCLER モンクレール 3色可選 ダウンジャケット防寒具としての機能もバッチリ
【2019秋冬】人気のアウターが秋冬様に 2色可選 ダウンジャケット メンズ MONCLER モンクレール ファション性の高い
各月の日記
ユーザーRSS
toolsalejpさんの公開日記
10月07日
15:44
子供の体质にも関连があります。唾液の成分が浓く、流速が遅い、唾液の量が少ないと色素が沈着しやすくなります。饮食卫生习惯もその影响があります。例えば、甘いもの、粘り性、有色の食べ物が多い、または清洁な习惯が悪い、上のものを食べたらすぐに歯を磨いたり、うがいをしたりしません。
②虫歯は色素沈着を伴っており、歯が虫歯になったら色素沈着を促し、さらに深刻になります。歯の虫歯と色素沈着は相互に影響し、相互に促進します。
https://www.shikasale.com/category-166-b0-%E6%AD%AF%E7%A7...
「この問題は完全に解決できますが、できるだけ早く診察してもらうことが肝心です。時間を延ばすことはできません。」子供の歯ができたら、親が解決できない問題があります。歯ブラシでこすれない色素や虫歯など、親は専門医を探して病気の原因を鑑別し、治療をします。
一般的に、一歳以内は口腔衛生保健宣教を行う一番いい時期です。両親は専門医を診察して、子供の口腔の健康を保つ飲食習慣と衛生習慣を勉強します。この時間を逃したら、後で直すほど難しくなります。

「歯磨きやうがい、簡単な方法で解決できるはずだったのに、後になって器械治療をしなければならなくなり、時間や治療コストが大幅に増加し、歯科用ルーペ 治療効果も影響されます。」
専門家によると、子供に白いきれいな歯を持たせるには、生後3~6ヶ月ごとに歯科を受診する必要があるという。それ以外に、日常は直ちに、効果的に口腔をきれいにすることに注意します。

歯が出たらすぐに歯を磨きます。2歳以降はブラシのある歯ブラシを使って、飲み込むことができる歯磨き粉を合わせてください。子供が外に唾を吐くことを覚えたら、清潔効果の高い歯磨き粉に変えて口をきれいにします。歯を磨くと同時に歯茎と舌をきれいにします。悪い飲食習慣を避けて、甘いもの、粘り性と有色の食べ物を控えてください。多く粗い繊維の食品を食べて、子供の咀嚼能力を鍛えることができて、また歯をきれいにして、歯の健康な成長の効果を促進することがいます。
赤ちゃんはよくよだれが出る時間です。
(1)新生児の時期:新生児はたいていよだれが出ません。
唾液腺が分泌する唾液なので、新生児の頃はまだ唾液腺が発達しておらず、分泌される唾液が少ないので、赤ちゃんの口から余分な唾液が出ませんでした。また、新生児は母乳や粉ミルク、流動性食品だけを食べます。これらの食品は唾液腺への刺激が少ないので、唾液腺の分泌量は少ないです。
(2)4-5ヶ月:唾液腺が刺激を受け、唾液が多くなります。
赤ちゃんの4-5ヶ月の時、副食品の添加は赤ちゃんの成長に対して全局面を左右する作用を果たすことができました。赤ちゃんの食事は徐々にデンプンなどの栄養成分を含む食品を補充し始め、唾液腺はこれらの食品の刺激を受けて、唾液の分泌は明らかに増加します。この時の赤ちゃんは口腔が小さくて浅いです。反射機能がまだ健全ではないので、飲み込む動作でよだれを調節することはできません。だからよだれが多くなれば口から出ます。その他に、多くの赤ちゃんは指を吸うことが好きで、ゴム乳首など、これも唾液腺の分泌を刺激して、よだれを増加させます。
(3)6-7ヶ月:乳歯は初めて歯茎光重合照射器の上の神経を刺激して、よだれが増えます。
赤ちゃんは通常6-7ヶ月ぐらいから1番目の歯が生えます。乳歯が萌えると、歯茎を外相に突き出すと、歯茎組織の軽度の腫れが悪くなり、歯茎の神経を刺激して唾液腺が反射的に分泌されるようになります。これもなぜ年長者が赤ちゃんのよだれを見たのか、眉をひそめないだけでなく、喜びの表情を見せてくれます。https://www.shikasale.com
公開日記トップへ
■スポンサーサイト■難攻不落の王道RPG「Wizardry Online」