11月のカレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
Silpさんの公開日記
01月20日
22:20

(昨日の続き)市川を後にして東京方面へ。
スマホいじってたら新橋のゲーセンが目について、そのまま新橋で下車。
あっちこっちに喫茶店が多い街、鉄道駅として最初期に栄え今も人通りの絶えない街である。
烏なんとか改札を出て、真っ正面の一等地に建つ古いデパートの、地下街を示す赤い看板をくぐった。

エスカレーターを降りると、何やら飲み屋や喫茶店があり、ゲーセンに用のありそうな姿は見当たらない。
ちょっと歩くとゲームの並びを発見。
通路に面して開放されたゲーセン?ゲームコーナーに近い感じの、アミューズメントパークウィングに潜入した。
中から通路側を眺めるといっぱしのゲーセンで、店長らしきおじさんが、如何にもゲーセンって雰囲気を醸している。
通路際に鉄拳対面4台確認。こっちか。
当然ながら、行き交う人から丸見えである。ちょっと新鮮。笑
全台プレイ中、1クレ100円、タバコ自由、回線ほぼ5。
素晴らしい手練れの吉光さんがいて気になるも、空いたのでプレイ開始。

レバーの固さ具合が合う。
柔らかいんだけどニュートラルは立ち、レバー外周の8角形が手に伝わる感じがシャープ過ぎないあたり、私にはちょうど良い。
鉄拳以前からいろいろゲーセンを巡り歩くため、逆に様々なレバーとボタンに多く触れており、その感触には結構うるさい。
要するに私はここを気に入った。
背後が人通りのある通路っていうのが、何となく懐かしい感じでもある。
昔、パン屋さんの店先で、立ち筐体のゲームで遊んでたのを思い出し、手のひらで球体を回すテーカンの上の隙間に肉を挟んで血豆が出来たことも思い出した。考えるだけで痛い。

そんな考えごとをしながらファランで1時間ほどプレイして、修羅への昇格戦を逃したところで終了。
キングの打ち上げにフラ単品を重ねるの慣れてきたかも。

私が現役のうちにゲーセンが廃れないには何が必要かを考えてた。
こういう一角を使うのが良いと思った。
公開日記トップへ
■スポンサーサイト■難攻不落の王道RPG「Wizardry Online」